トップニュース

一覧を見る

ユーロNCAP、自動緊急ブレーキ評価を追加へ

2012年11月30日 06:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
ユーロNCAP、自動緊急ブレーキ評価を追加へ

日本版「JNCAP」でも評価を検討中

 欧州の衝突安全性能試験「ユーロNCAP」の新たな評価項目として2014年から「自動緊急ブレーキ(AEB)」が追加される見通しになった。最高評価の「五ツ星」を獲得するためにはAEBの装着が前提となる。欧州市場では同試験を重視するメーカーが多く、AEBの装着車種が一気に拡大しそうだ。

 消費者団体などで構成する同試験の実施団体「ユーロNCAPコンソーシアム」が来年初頭にも試験項目の追加を正式決定する。欧州で販売している車種のうちAEB搭載車は約2割にとどまる。同コンソーシアムは、20年までに欧州内における死亡事故を半減させる目標を掲げており、AEBを試験項目に追加することで、搭載車種の拡大やAEBの高性能化を促す狙いがあると見られる。AEBに関しては、国土交通省も日本の衝突試験「自動車アセスメント」への追加を検討中だ。

(全文は本紙及び日刊自動車新聞電子版でご覧下さい)

▲ページトップへ