トップニュース

一覧を見る

政府、エコカー補助金に「仮申請制度」を導入

2012年2月27日 06:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
政府、エコカー補助金に「仮申請制度」を導入

仮申請から交付までの流れ

 政府は、4月2日に申請受付を開始する「エコカー補助金」に関連し、補助金交付の優先権が得られる「仮申請制度」を導入する。

 仮申請は新規登録・届け出を済ませ、申請書類一式がそろった段階で、申請者が必要事項を記入した用紙を「次世代自動車振興センター」にファクスもしくはメールで送信。仮申請が受理された日が正式申請の受理日となる仕組み。仮申請をしない場合に比べ、より確実に補助金が受け取れる。ただし、仮申請から7日以内に申請書類が同センターに届かなかった場合は無効となる。

 仮申請の有効期間中に申請総額が予算額を超え、募集が締め切られた場合でも、仮申請から7日以内に申請書が同センターで受理されれば補助金が交付される。例えば、8月1日に仮申請を行い、8月2日に予算超過で募集終了となった場合でも、申請書類が8月8日までに同センターに到着・受理されれば補助金の交付対象になる。

 必要書類の記載内容やファクス・メールのあて先など仮申請の具体的な方法については3月上旬に同センターが公表する予定だ。

(全文は本紙及びネットDe日刊自動車新聞でお読み下さい)

▲ページトップへ