トップニュース

一覧を見る

富士重、来年めどにクリーンディーゼル車を国内投入へ

2012年1月10日 06:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
富士重、来年めどにクリーンディーゼル車を国内投入へ

 富士重工業は2013年にも、日本市場にディーゼルエンジン(DE)乗用車を投入する。

 DEを搭載するモデルは12年に発売を予定する新型SUVの「XV」、「フォレスター」「アウトバック」を軸に検討しており、順次、1モデルから投入する考えだ。日本市場では人気がなかったDE乗用車だが、マツダが12年に新型車でDE搭載車を設定するなど復権の兆しも見え始めている。富士重も低燃費で低騒音、低振動など商品優位性をPRし、新市場を開拓する。

(全文は本紙及び日刊自動車新聞電子版でお読み下さい。この記事全文を含め、下記の赤いバナーから1週間の試し読みが即座に可能です。ぜひ、お試し下さい)

富士重、来年めどにクリーンディーゼル車を国内投入へ

富士重、来年めどにクリーンディーゼル車を国内投入へ

▲ページトップへ