トップニュース

一覧を見る

燃費が1割改善~IHIの電動アシストターボ

2010年10月14日 06:06
このエントリーをはてなブックマークに追加
燃費が1割改善~IHIの電動アシストターボ

ターボも燃費向上アイテムに(写真はイメージ)

 IHIは、ターボチャージャーと電動モーターを一体化した「電動アシストターボ」を開発した。ターボに組み込んだモーターが必要な場合にエンジンの馬力を向上させ、出力補助が不要になると排気タービンの回転を利用して発電する仕組み。燃費が1割ほど向上すると言う。今後、国内外の自動車メーカーに採用を働きかける。


 吸気側への電動アシストは、発進時などエンジンが低回転で排気タービンの効果が発揮しにくい場合に電動モーターで回転をアシストし過給圧を高める。これによりターボのタイムラグ(アクセルの踏み込みから馬力が出るまでの時間差)といった課題を解消すると同時に、不必要なアクセル操作を抑制して燃費を改善する。任意に電動モーターを動作できるため、エコノミーモードやスポーツモードなどの設定も可能だ。

 一方、電動モーターを利用する発電機能は、減速時などエンジンへの過給が不必要になる際に、モーターを発電機として利用し排ガスのエネルギーを電気エネルギーとして回収する。

 排気タービンと吸気側タービンの間の同軸上に電動モーターを配置するため、部品の容積も従来品をわずかに上回るサイズにとどまり、スペース的にも採用しやすいと言う。

▲ページトップへ