日刊自動車新聞社自動車業界とともに、87年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

アゴラ、自動車用エンジンの改質剤を発売

2015年11月28日

アゴラ、自動車用エンジンの改質剤を発売

 新素材の研究開発を行うアカデミーテクノ・サイエンス(和田英輔社長、神奈川県横浜市)と環境改善商品を販売するアゴラ(柏木一二社長、東京都北区)は、自動車用エンジンの改質剤「MUCH(マッチ)―1」の販売を開始したと発表した。エンジンオイルに添加することで、ピストンとシリンダーの摺動面に新たな金属表層を生成し、摩擦面を平滑化するとともに潤滑性を向上。最高出力と最大トルク、燃費をアップし、気筒間圧縮圧不整合の改善にもつながるとしている。
 早稲田大学理工学術院総合研究所で開発され、特許取得された新技術「γ―GDX」と呼ばれる無機超微粒子を配合した。価格は1本8千円(税別)だが、当面はマッチ―1の単体販売はせず、中古車販売店や整備事業者の施工商品として提案していく。

▲ページトップへ