日刊自動車新聞社自動車業界とともに、89年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

日本航空電子、高速伝送対応コネクター開発

2019年2月6日

日本航空電子、高速伝送対応コネクター開発

 日本航空電子工業は、カメラ電子制御ユニット(ECU)など車載情報通信機器間の高速伝送用コネクター「MX79Aシリーズ」を開発したと発表した。車載カメラ向けに発売している「MX55Jシリーズ」との組み合わせでカメラECU側に利用できるほか、車載情報通信機器全般にも使用できる。また、信頼性を確保しながら従来品より実装面積を約30%削減する小型化を図った。
 車載カメラ用途ではフロント、リア、サイドミラーなどカメラの使用箇所が多岐にわたり、カメラECUとの伝送距離が離れる場合がある。同製品を使用したハーネス製品のMX55JとMX79Aの両端ハーネスでは、1・5ギガbpsクラスの差動伝送で15メートルの実績がある。さらにはめ合わせキーバリエーションを4種類設定し、誤挿入防止を図ることで、同一モジュールでの多数個使いにも対応する。
 自動車では情報通信機器の高性能化や車載マルチメディアの多機能化が進み、同社は今後も先進運転支援システム(ADAS)やコネクテッドをキーワードに一層の高性能化や搭載機器の増加が進展すると予想。情報通信量の大容量化で、コネクターも高速伝送対応や搭載機器の増加に対応する省スペース化が求められると見込む。

▲ページトップへ