日刊自動車新聞社自動車業界とともに、89年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

テイン、スポーツ系車高調整サスのラインアップ拡充

2018年12月15日

テイン、スポーツ系車高調整サスのラインアップ拡充

 テインはスポーツ系車高調整サスペンションの2019年モデルとして「MONO RACING(モノレーシング)」を投入する。現在、同社がラインアップする製品の中間価格帯を狙ったコストパフォーマンスの高い製品で、注文時に好みに合わせた調整が可能。今後はスポーツカーを中心に対象車種を広げていく方針だ。2019年2月から発売し、まずはトヨタ「86」や日産自動車「スカイラインGT―R」、ホンダ「シビックタイプR」など14車種に対応する。
 同社は、タイムアタックを目的とした「スーパーレーシング」と、街乗りにも対応する「モノスポーツ」の2種類をスポーツ系製品として提供している。新たに追加するモノレーシングはサーキット走行を前提とした幅広いセッティングができるのが特徴。若いユーザーを中心としたカスタムニーズに応えるため、ワインディングからサーキット走行まで幅広く対応できるようにした。
 スポーツ走行に特化したスプリングレートや減衰力のセッティングに加え、減衰力の調整幅を広げ、微低速時に不要な減衰力の落ち込みを抑制する機構を採用しつつ価格を抑えた。注文時に好みの減衰力やダンパーストロークに変更できる。スプリングレートも無償で変更できるなど、仕様や好みに合わせて選択できるようにしたことで、他社製品と差別化する。

▲ページトップへ