日刊自動車新聞社自動車業界とともに、89年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

ソシオネクスト、車載HUD向け小型グラフィックス・コントローラー量産

2018年12月12日

ソシオネクスト、車載HUD向け小型グラフィックス・コントローラー量産

 ソシオネクスト(肥塚雅博会長、横浜市港北区)は、車載ヘッドアップディスプレー(HUD)向けの小型グラフィックス・ディスプレーコントローラー「SC1711」の量産出荷を開始したと発表した。同社独自の2Dグラフィックスエンジン「SEERIS」と高速インターフェース「APIX2」を搭載しているほか、各種セーフティー機能を充実。安全性やコスト競争力の高い車載ディスプレーシステムの実現を可能にするとしている。
 HUDは運転に必要な情報を少ない視点移動で得られるため、ドライバーの負担軽減や安全性の向上につながるとして注目されている。同製品は、HUDの表示制御向けに開発したデバイス。長年の車載ディスプレー向け製品の開発で蓄積したノウハウに基づく、2DグラフィックスエンジンのSEERISを搭載するとともに、ドイツの半導体メーカーであるイノーバ・セミコンダクターが提供する高速シリアルインターフェースのAPIX2に対応する。パッケージサイズも20ミリメートル×20ミリメートルと小型化を実現した。
 さらには表示システムの異常検知による安定した表示出力を特徴とする。表示画像が一致しているか検証する「シグネチャーユニット」やシステムが正常に動作しているか監視する「ウォッチドッグ」などのセーフティー機能を搭載し、ケーブル破損による画面固着などの問題発生時には瞬時に画面を切り替え、ドライバーに危険を通知する。

▲ページトップへ