日刊自動車新聞社自動車業界とともに、89年。

新製品ニュース

一覧を見る

整備機器

KTC、TRASASシリーズの新製品

2018年10月30日

KTC、TRASASシリーズの新製品

タイヤデプスゲージ

 京都機械工具(KTC)は、工具をIoT(モノのインターネット)化した「TRASAS(トレサス)」シリーズとして「TRASAS for AUTO」と「TORQULE(トルクル)」を発売した。
 TRASAS for AUTOは締め付けトルク値やタイヤの残溝、ブレーキパッド残量などの記録を工具に取り付けたセンサーを使って自動記録する。タイヤデプスゲージとブレーキパッドゲージなどがある。トルクルは、スマートフォンやタブレットなどに専用アプリ「TRASAS Admin(トレサスアドミン)」をインストールし、ブルートゥース通信を経由して測定結果の表示やデータ転送、測定履歴の管理などができる。既存工具に装着することで、汎用工具を通信機能付きトルクレンチとして使用できる。

KTC、TRASASシリーズの新製品

トルクルの作業イメージ

▲ページトップへ