日刊自動車新聞社自動車業界とともに、89年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

TCL、小型配線コネクター 更に小型化接点面積1.5倍に拡大

2018年5月11日

TCL、小型配線コネクター 更に小型化接点面積1.5倍に拡大

 自動車関連用品を手がけるTCL(木村文夫社長、名古屋市名東区)は、小型配線コネクター「e―分岐タップ」を改良して発売した。新車に使われる配線の小径化や低消費電力化に対応し、従来品の約4分の1に小型化しながら接点面積を約1・5倍に広げて導通性を高めた。配線方法により「Iモデル」と「Tモデル」の2種類を用意。価格はオープン。自動車販売店や整備工場、部品商などに売り込む。
 TCL社は中部地域を中心に輸入車ディーラーを運営するホワイトハウス(木村文夫社長)の子会社。新製品に組み込む接続金具は国内で特許を取得している。

▲ページトップへ