日刊自動車新聞社自動車業界とともに、89年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

パナソニック「ゴリラ」に3機種追加 逆走警告で高齢者の運転支援

2018年5月11日

パナソニック「ゴリラ」に3機種追加 逆走警告で高齢者の運転支援

 パナソニックオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(AIS)は9日、SSDポータブルカーナビゲーション(PND)「ゴリラ」の新製品3機種を6月中旬に発売すると発表した。逆走検知機能など高齢ドライバーの運転をサポートする機能を充実させた。
 逆走検知は、主要な高速道路の本線合流部やランプ合流部などで逆走を始めた場合に音と表示で警告を出す。高い精度で現在位置を測位する「Gロケーション」により逆走を正確に検知する。事故多発地点や制限速度などの道路標識情報を通知する機能も持たせた。価格は4万~7万円を見込む。
 PND市場は縮小傾向にあり、特に低価格帯の製品はスマートフォン(スマホ)用のナビアプリの台頭で苦戦を強いられている。ただ同社によると、PND購入者の約7割が50歳以上でスマホの扱いが苦手な人も多い。
 また、メーカー純正ナビの地図や機能が古くなり、追加で購入する需要もあるという。同社は運転サポート機能を充実させたPNDでこうした需要を取り込みたい考えだ。

▲ページトップへ