日刊自動車新聞社自動車業界とともに、87年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

富士通テン「イクリプス」、より正確なルート探索や渋滞予測

2017年10月11日

富士通テン「イクリプス」、より正確なルート探索や渋滞予測

 富士通テン(山中明社長、神戸市兵庫区)は「イクリプス」ブランドのカーナビゲーションシステムで、2018年モデルとなる新商品4シリーズ8機種を11月上旬に発売すると発表した。17年モデルと比べ、メニューや地図画面での操作レスポンスを向上したほか、誤操作を防止する機能などを盛り込んだ。
 同社は今年、ナビとドライブレコーダーを一体化した「録ナビ」を発売した。今回の18年モデルでは、録ナビを含む4シリーズで性能を向上した。
 特に、ドライブレコーダーを内蔵した「Dシリーズ」、通信ユニット同梱の「Sシリーズ」、ベーシックの「Rシリーズ」では、操作性向上と誤操作防止機能のほか、目的地設定方法に経度緯度検索を追加、初期の探索時からスマート・インターチェンジを考慮したルートを提示する機能も加えた。
 価格はオープン。

▲ページトップへ