日刊自動車新聞社自動車業界とともに、89年。

新製品ニュース

一覧を見る

自動車部品・用品

JVCケンウッド、彩速ナビ3種発表 渋滞情報など最適表示

2017年10月5日

JVCケンウッド、彩速ナビ3種発表 渋滞情報など最適表示

 JVCケンウッドは4日、創業70周年を記念した彩速ナビの新シリーズ「タイプM」3品目を10月中旬に発売すると発表した。交通案内や渋滞情報など最適なドライビング情報を伝える「マルチインフォウィンドウ」を新たに搭載。自車位置の精度を高めたほか、ブルートゥースでもハイレゾ音源相当の音質を実現できる「LDAC」を自動車業界で初めて取り入れている。
 コンセプトは「ドライビング情報やオーディオなどを組み合わせた新しい付加価値を提供する」。ナビで画面タッチのレスポンスを高めたほか、初めて逆走警告を表示するなどの取り組みを行っている。
 また、ナビ連動型の高度化光ビーコン対応のETC2・0車載器と連携することで、信号の変化を予測して伝える「信号運転支援システム(TSPS)」を使うことができる。同機能の搭載は、三菱電機に次ぐ2社目。
 想定実売価格(税別)は、「MDV―M805L」が11万円前後、「MDV―705W」と「MDV―M705」が9万円前後。

▲ページトップへ