日刊自動車新聞社自動車業界とともに、87年。

新製品ニュース

一覧を見る

その他

ロックペイント、熟練の調色を一発で 次世代システム発売

2017年4月21日

ロックペイント、熟練の調色を一発で 次世代システム発売

 ロックペイントは、板金塗装事業者の調色作業を支援する次世代クラウドコンピューティング調色システム「ドクターロックIV」を開発し、20日からテスト販売を開始した。熟練技術者の視点を持つ測色計で計測した現車に最も近い色を豊富なデータの中から選び出し、1回目の調色から塗装可能な色に到達させることができる。高齢化が進む熟練技術者の後継者となり得る若手技術者の育成が課題となっている中で、ベテランの知識や技術、ノウハウを生かせる“即戦力化”システムとして役立ててもらう考え。全国7カ所にある研修センターで技術指導も行うなど充実した教育サポート体制も整えた。
 板金塗装分野における調色作業は、豊富な知識と経験を必要とする。ベテランが持つ高い技術や能力をクラウドで共有することで初級者にも活用でき、調色時間や労力の大幅な削減を可能とした。事業場内での調色データの情報共有化のほか、社外とも共有化することで発売直後の新型車や輸入車、クラシックカーなどの希少車まで幅広い車種で、企業の垣根を越えた“データ共用イノベーション”が実現できるとしている。
 測色計や計量器、タブレット型PC、ケーブルなどを基本構成とするスタンダードセットに、オプションでQRコードリーダーやラベルプリンターなども追加できる拡張性も高めた。クラウドシステムは、誰でも簡単に操作できるシンプル設計で、配合データの共有財産化への支援も簡単にできる。
 作業者にとって便利なメニューと機能も豊富にそろえた。「ビギナーとエキスパートのコミュニケーション及びコラボレーションツールとしての役割も担う調色作業支援ツール」としている。

▲ページトップへ